【例文あります】AIDCAの法則を具体的に説明します。【応用例もあります】

悩む人

AIDCAの法則って具体的になに?

悩む人

できれば例文を教えてほしい!

このような悩みについて書きます。

AIDCAの法則はWEBライティングのみならずビジネスや実生活でも活躍するスキルです。

この記事を読んでAIDCAの法則を使いこなしましょう。

この記事でわかること
  • AIDCAの法則
  • AIDCAの法則の例文
目次

AIDCAの法則とは

aidcaの法則

AIDCAの法則とは、消費者が購買行動をするときの心理的な過程を表した行動分析モデルのことです。

こちらにまとめました。

Attention(注意)ベネフィットからアプローチ。まずは注目させる。
Interest(興味・関心)興味をもたせるため、商品の良さやサービスのメリットなどを伝える。
Desire(欲求)プラスアルファの情報を提示し、「欲しい」と強く思わせる。
Conviction(確信)「自分の選択は間違っていない」と確信させる。
Action(行動)「購入する」などの行動につなげる。

AIDCAの法則とは「WEBライティングの本」に例えて説明すると、

  • 顧客がコンテンツや広告を通じてWEBライティングの本の存在を知ることがAttention(注意)
  • 顧客が、自身の要求に合うのではと思いこの本に興味を持つことがInterest(興味・関心)
  • WEBライティングの本を読むことで望むもの(例えばライティングスキル)が実現できるのではと考える事がDesire(欲求)
  • 数あるWEBライティングの本の中で、これがいいと思うのがConviction(確信)
  • 最後に購入に至るのがAction(行動) 

です。

AIDCAの法則は、商品の存在を知ってから興味を抱き、購入するまでの一連の流れの顧客心理のことです。

AIDCAの法則は、WEBライティングだけではなくチラシやネット広告でもよく使われます。

AIDCAの法則は商品を知ってから購入するまでの顧客の動きを利用した心理戦術

AIDCAの法則の例文

aidcaの法則

Attention(注意)

【再現性あり】クラウドソーシングで100件応募して誰からも採用されなかった私が、たった1つの方法で文字単価1円の案件を獲得できたワケ

Interest(関心)

クラウドソーシングの案件応募で絶対に必要なのはポートフォリオ

Desire(欲求)

実績のない人はブログをポートフォリオにすると良いのですが、そこでオススメなのは有料テーマのSWELL

Conviction(確信)

SWELLは買い切り17,800円。 
何度でもワードプレスにインストールできます。第二のブログを作るときも使えます。


Action(行動、購入)

購入はこちらから

AIDCAの法則はマーケティングに使えるか

aidcaの法則

AIDCAの法則はマーケティングに使えるます。

AIDCAの法則はマーケティングや行動心理学に基づいたライティングの型です。

アフィリエイトサイト含むブログの他、ネットショップを運営している方なら商品ページなどにも使えます。

AIDCAの法則はWEBライティング以外にも使える

さいごに:AIDCAの法則は実生活でも使えます!

AIDCAの法則は単なるWEBライティングのスキルではありません。

日常生活やビジネスの場面でも活躍する心理テクニックです。

AIDCAの法則を覚えてセールスや日常に役立てましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる