【合格率5%以下】WEBライター検定3級の難易度とメリットを紹介します

悩む人

WEBライター検定3級が気になるけれど難しいのかな

悩む人

WEBライター検定3級を取得すると、どんなメリットがあるのかな

わい

ご説明しますね!

副業ブームで脚光を浴びているWEBライター。

毎月1万円でも稼げたら生活が楽になりますよね。

クラウドワークスで案件を獲得するのに欠かせないのがWEBライター検定です。

こちらの記事ではWEBライター検定3級について説明いたします。

この記事でわかること
  • WEBライター検定3級の難易度
  • WEBライター検定3級の勉強方法
  • 取得すると得られるメリット
わい

この記事は3分で読み終わります!
WEBライター検定3級を詳しく知りたい方はぜひ読んでください!

目次

WEBライター検定3級とは

WEBライター検定3級はクラウドワークスが提供して株式会社グリーゼが監修するライティングテストです。

検定に合格するとプロフィール欄に合格証が表示され、WEBライティングについて一定のスキルを有していることの証明となります。

合格率は5%以下とかなり低めです。

とはいえ最低限の日本語の知識があれば取得できる資格ですので、最低限の知識を有している証明になりますので取っておいて損はありません。無料ですし。

クライアントにアピールできる有効な資格になりますので、クラウドワークスで有利にライター活動をするには必要な資格です。

無料で受験できて、クライアントにアピールできる高コスパ資格

WEBライター検定3級の概要

こちらはWEBライター検定の3級の概要です。

受験方法ネット環境があればどこでも
問題形式選択式
問題数50問
試験時間制限なし
合否基準不明
受験資格クラウドワークスの会員
検定料無料
再受験14日経過後に可能

WEBライター検定3級はクラウドワークスに登録した方なら、いつでもどこでも受験できます。

試験はクラウドワークス内のWEBライター検定3級のページから受験できます。

受験料は無料です。

ちなみに再受験は14日後に可能になります。

不合格でもペナルティはありませんので積極的に受験しましょう。

わい

無料なので試しに受けてみるのもアリですね!

WEBライター検定3級は無料で何度でも受験できます。

WEBライター検定3級の難易度

クラウドワークスによると、WEBライター検定3級の合格率は5%以下とされています。

試験を受けてみた感想ですが、「ら抜き言葉」などの基本的な日本語の知識があれば合格できるのではと思いました。

もちろん無勉強での合格は難しいので、事前に準備された講義動画をしっかり視聴することをオススメします。

合否の基準が不明ですが、講義動画をしっかりと観て、全問正解するつもりで回答すれば合格できます。

もし不合格でも14日後に再受験できます。

選択問題形式なので、問題の傾向を覚えておけばしっかりと対策できるはずです。

わい

基本的な問題が多いよ!

ちなみに、株式会社東京リーガルマインドの調査によると、社会保険労務士の合格率が約5%です。

比較にはなりませんが、合格率5%以下が高難易度の証明になることに変わりはありません。

WEBライター検定3級は基本的な日本語の知識があれば合格できます。

WEBライター検定3級の最も効率的な勉強方法:講義動画を視聴する

ベストな方法は講義動画を視聴することです。

WEBライター検定3級用の講義動画を無料で観て勉強する方法です。

無料とはいえ、有料級の内容なので検定を受ける方も、そうでない方も観て損はありません。

もちろん観るだけだと覚えられないので、メモを取るなどしてしっかりと勉強してください。

試験本番ではメモを見てもOKです。本番のためにもしっかりメモを取りましょう。

ライティングの本も参考になります

ちなみに私は動画と並行して本でも勉強しました。

読書により、さらに深い理解を得ることができます。

資格取得は通過点です。

今後案件を取ることを考えると、ライティングについて網羅的に学んだ方が良いと思ったからです。

WEBライター検定3級の学習時間

講義動画は27本で約3時間のボリューム。

復習などを含めると10時間ほどはかかると思います。

人によると思いますが、平日や休日に一気に10時間も作るのは難しと思います。

仕事終わり、土日の空いた時間に2時間ずつ勉強すれば10日で一通りは対策できます。

対策期間は10日ほどと考えておいて問題ないでしょう。

当然ですが、試験の範囲はほぼこの講義動画から出題されますので、この動画を3周ほど観て内容を覚えれば合格できます。

合格だけを考えると動画だけで十分

ライティング関連の書籍を読むことも勉強になりますが、WEBライター検定3級の試験においてそこまで重要ではないと思います。

合格だけを考えるなら、準備された動画の内容を徹底的に覚える方が結果的に近道になります。

講義動画で勉強すれば合格できます。

その他の学習方法

タスク案件をやってみる

WEBライター検定3級には本番対策の問題集はありません。

インプットだけでは不安ですよね。

おすすめとしては「タスク案件」をしてみることです。

クラウドワークスには「タスク案件」という簡単な仕事があります。

単価は激安ですが、 必要文字数が少ない案件が多いのでサクッとできます。

案件はすぐ開始できるので数をこなしてアウトプットしましょう。

タスク案件で稼ぐのは難しいですが、簡単な練習問題と割り切ってしまえば、ライティングの練習ができて少しお金がもらえる良い練習台となりますね。

タスク案件を練習台と割り切る

プロジェクト案件もやってみる

可能ならの話しですが、プロジェクト案件をやってみるのもおすすめです。

「資格なし・実績なし」でプロジェクト案件を取るのは結構難しいので、無理にする必要はありません。

中には必要文字数10,000文字で文字単価0.1円など、未経験者を搾取する超ブラック案件が転がっているので注意してください。

文字単価1円以下の案件には応募しないようにしましょう。

できればプロジェクト案件に応募してみる。
※ただしブラック案件は避ける

合格で得られるメリット

プロフィール画面に表示される

WEBライター検定3級に合格するとプロフィール欄に表示されます。

クライアントがライターを探す際に絞り込みで表示されますので無資格者より優位になります。

昨今は副業ブームの影響で簡単に取り組めるWEBライターが増えているので、今後は資格の有無が案件の合否や単価に影響してくると思われます。

わい

ライバルに差をつけよう!

案件獲得で優位になる。

WEBライティングの基礎知識を習得できる

本業が記者や編集者以外の方の場合は、独学でWEBライターをしているのではないでしょうか。 

講義動画は初心者向けの内容なので基本を学習できます。

基本的な「てにをは」や「ら抜き言葉」等の日本語の知識を学べるほか、メールや企画書作成など本業にも生かせる内容です。

WEBライティングの基礎が手に入る。

さいごに:WEBライターを目指すなら取得すべき

WEBライティングで収入を得たいならWEBライター検定3級は受けるべきです。

WEBライティングの基礎を学べますので、クラウドワークス外でライター業をするにしても受けて損はない資格です。

無料なのでぜひ受験してみましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる