アップルウォッチをビジネスで使う時のおすすめのポイントと革ベルトを紹介します。

・アップルウォッチをビジネスで使いたい。
・仕事場ではカジュアルすぎないか。
・周りと浮くかな。少し恥ずかしいな。

仕事場にアップルウォッチを着けていって恥ずかしい思いをしたくないですよね。

アップルウォッチはまだ最近登場したものなので「おもちゃ」と捉える方も少なからずいます。

結論を言うと、仕事でアップルウォッチを着けても問題ありません。

アップルウォッチはカジュアルな見た目なので、それを少し変えることで印象を変えてしまいましょう。

この記事の内容

・アップルウォッチをビジネスでつけてもいいか
・アップルウォッチをビジネスでつける時のポイント紹介

この記事は3分で読めます。
アップルウォッチのビジネス利用を考えている方はぜひ読んでください!

目次

アップルウォッチのビジネスでの利用で気を付けるべきポイント

アップルウォッチをビジネスで利用する時に注意するポイントは見た目のカジュアルさです。

ガジェット感が強い文字盤にラバーベルト、普通の腕時計に例えるとGショックを着けているようなイメージですね。

これをどのようにしてフォーマル化するかがポイントです。

以下で説明します。

文字盤をフォーマル風にする

アップルウォッチを腕時計として扱うならば、文字盤のデザインは重要なポイントです。

画像付きのカジュアルな物はプライベートにおいておいて、シンプルな物を選びましょう。

カバーを光沢感のあるものにする

見落とされがちなのはカバーです。

腕時計では光沢感のあるものはフォーマル向けのイメージがあります。

逆に光沢感の無いマットの物はカジュアル向けです。

アップルウォッチにもそれを適用します。

アップルウォッチを買った時は傷防止のためにカバーを買うと思いますが、それを光沢感のある物にすることで「フォーマル感」がでます。

手軽にできる方法なのでおすすめです。

ベルトをフォーマルにする

アップルウォッチをビジネスで使うにあたって、ベルトの存在は重要です。

純正ベルトはラバーでカジュアル感の強いもの。

これを革ベルトに交換することでフォーマル感が出て一気にビジネス向けになります。

カジュアルの場面でも、ジャケットに合いますし、腕元を引き締める印象になります。

色は黒やネイビーなど、落ち着いた色が良いでしょう。

ビジネス利用に最適なおすすめ革ベルト

アップルウォッチの替え革ベルトに最適なものがあります。

EPONAS(エポナス)の高級革ベルトはビジネス利用で最適な革ベルトの1つです。

EPONAS(エポナス) のベルトは高級メゾンで使用されているシュリンクレザー使用しています。

生地はドイツの老舗皮革メーカー「ペリンガー社」が提供するなどしっかりした素材が特徴です。

着け心地もよく、ネットでの評判も上々。

高級財布を連想させる肉厚かつ柔らかい革が印象的です。

ベルトを数本買い替えて損するなら、こちらを1本買っておいた方が得です。

どうしてもビジネスにアップルウォッチを着けるのが恥ずかしい方はこちら

もしアップルウォッチを持っていない方で、ビジネス利用のために買おうか迷っている方には KARITOKE というサービスがおすすめです。

KARITOKE はアップルウォッチ以外にも50ブランド、1,300種類の高級腕時計が毎月定額でレンタル可能な日本最大級のレンタル高級腕時計サービスです。

レンタルして気に入ったら購入も可能です。

6万円相当するアップルウォッチが4千円で使えると考えるとお得ですよね。

気に入らなければ返却すればいいだけです。

6万円の損失を月額およそ4,000円で済ませられると思うと損失も最小限に抑えられますね。

登録後30日間は無料です。

 \ 腕時計レンタルサービスならKARITOKE /

まとめ

アップルウォッチの純正ラバーベルトはカジュアル感が強いアイテムになります。

そのまま職場に着けていくのは少し気が引けるかも知れません。

革ベルトに替えて、フォーマルな雰囲気にすることで印象を変えてしまうことが一番手っ取り早いですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる